EDを治そうと努力する男性たち

EDとは勃起機能の低下を示し、勃起障害または勃起不全とも言われます。またEDには様々な原因があり、解決方法もそれにより変わっていきます。そもそもどこからEDなのか?対策はどうすればいいのか?などについて紹介します。

ED治療の世代別の対応と食後に服用する薬について

ED治療では世代別に様々な方法があります。男性機能の低下は基本的に高齢の方に多い症状となっています。高齢の方の場合は加齢による老化が原因なので、体に作用する薬によってほとんどの場合は効果があります。若い方の場合は心理的な要因によってEDの症状が発生している可能性が高いので、薬だけでは改善しない場合も多いです。そのため若い方の場合は薬の服用と合わせて病院を受診して心理面のケアを受ける必要があります。若い方の場合は心理面でのサポートを受けることが出来れば徐々に症状が改善することが多いので、まずは病院において心理面を改善してから、薬を服用すると高い効果が得られます。高齢の方が薬を使ってEDを治療する場合に気をつけなければいけないのが、しっかりと食後に薬を服用することです。EDの治療薬は効果が高いものほど胃に対してダメージとなるので、食後に服用するのが一般的です。ですが使いたいタイミングと、食事の時間が合わないことが問題となってきます。ED治療薬は効果の出るのがだいたい1時間ほど後となっています。そのため効果を発揮したい時間の前に食事をしなくてはいけなくなってしまうので、困っている方が多いです。そんな時には胃を保護するような飲み物や軽い食事するのが有効です。量は少なくても胃を保護するものが入っていれば、胃の状態を守ってくれるので安心して薬を服用出来ます。ED治療は世代別でまったく方法が違ってくるので、しっかりと自分の年齢に合った方法を調べる必要があります。世代別の治療方法において共通しているのは、ED治療薬の服用です。EDの治療薬はきちんと食後などの胃に負担が少ない状態で行いましょう。